朝活の英語勉強法!TOEICで900点超えできたおすすめポイント

朝は勉強がはかどる時間帯。

わたしは受験も資格試験も、勉強は朝活が中心でした。

 

なかでも、朝活には英語の勉強がおすすめです。

 

朝活4か月でTOEICの点数が200点アップ!(735→930点)

その後、英検準1級も合格できました。

TOEIC結果

英検の結果

 

この記事では、朝活の実体験を元に、

 

朝活で英語の勉強がおすすめな理由

具体的な朝活の英語勉強法

 

をご紹介します。

【こんな人におすすめ!】

 

・TOEICや英検など、英語の試験が控えている人

 

・朝活をしたいけど何をしようか迷っている人

朝活で英語の勉強がおすすめな理由

朝活で英語の勉強がおすすめな理由は3つあります。

期限が決まっているので集中しやすい

朝活は、早起きして学校や会社に行くまでの時間に行います。

つまり、終わりの時間が明確なので、集中して取り組むことができるのです。

 

夜は睡眠時間を削れば、比較的自由に勉強時間が確保できます。

 

しかし…

終わりの時間が決まっていないことによってダラダラしていませんか?

勉強しているつもりでも、日中の疲れでウトウトしていませんか?

 

昼間に学校や仕事、家事や育児があれば、夜に疲れが出てしまうのは当然のこと。

夜はしっかり睡眠を取って、朝に集中して勉強するほうが効率的です。

習慣化しやすい

朝の時間は夜の時間よりも自分でコントロールしやすいです。

 

夜勉強しようと思っていても、

急に残業になったり食事に誘われたりすることもあります。

 

朝なら急な予定は入りにくいですし、

家族が起きていない時間帯なら静かでより集中できるでしょう。

 

英語は毎日継続して勉強することが大切。

自分でコントロールしやすい朝活で英語の勉強に取り組むと習慣化しやすいです。

英語の耳・脳で過ごす時間が増える

英語の学習を始めるとき、英語の耳慣らしや頭の切り替えが必要になります。

 

朝に英語の勉強を行って耳や脳を切り替えていると、

その後も英語に対して反応しやすくなります。

 

例えば、電車で聞いた外国人の会話がよく聞き取れたり、

会社で英文メールを読むスピードが上がったり…

 

朝活の効果は勉強している時間だけではないと気づかされます。

 

プライミング効果

先行刺激が後続刺激に影響を与えることをプライミング効果といいます。

 

朝活で英語を勉強すると、

その後も英語を無意識に思い出しやすい・覚えやすい状態になるということ。

 

なんだか得した気分になりますね!

スポンサードリンク
 





 

朝活の英語勉強法

 

朝活で実際にやっていた勉強法をご紹介します。

家族が起きる前にシャドーイング

シャドーイングは集中力が必要で、外ではできない勉強法です。

家で家族が起きる前にシャドーイング。

 

わたしが受けたTOEIC L&Rはスピーキングがないのですが、

シャドーイングはリスニング力の向上と速読に効果的でした。

 

英検準1級の面接で、

発音に自信が持てるようになったのもシャドーイングのおかげ。

 

カフェ等で朝活する人には難しいかもしれませんが、

小声でも良いので、シャドーイングは取り入れてほしいおすすめ勉強法です。

 

シャドーイングの原稿・音声はTOIEC公式問題集のPart3、4を使用していました。


TOIEC公式問題集の音声ダウンロードはaudiobook.jpからできます。
(無料の会員登録が必要)

リスニングで耳を慣らす

もう一つおすすめなのが、英語のリスニングです。

 

音声による刺激で頭がクリアになり、

集中力が高いので長いスキットにも取り組めます。

 

何より、毎日耳を英語に慣らすのに効果抜群。

リスニングが苦手な人にはぜひやってみてほしい勉強法です。

 

音声は公式問題集の音声を1.5倍速で聞いていました。

(初めて聞くときは1倍→2回目からは1.5倍)


 

TOIEC公式問題集の音声ダウンロード⇒audiobook.jp

夜のスキマ時間には単語や文法

通勤帰りの電車や夜のスキマ時間には

英単語の暗記や一問一答をやっていました。

 

集中力が必要なものを朝、

あまり長時間の集中が必要ないものを夜と分けていました。

朝活で英語を勉強する注意点

 

朝活は短時間で集中して学習するのが大切。

貴重な集中タイムを無駄にしないように、事前に準備をしておきましょう。

 

具体的には、夜寝る前に朝活でやる内容や目標を決めておきます。

 

朝起きてから「何やろうかな?」と考える時間は無駄です。

テキストなども用意しておきましょう。

スポンサードリンク
 





 

朝活効果!4か月でTOIEC735→930点!

TOEIC結果

 

朝活を始めてから4か月後にTOIECを受けたら、

約200点スコアが上がりました。(735→930点)

 

735点は10年前の学生時代に取った点数なので、

実際のスタートラインは600点くらいだったと思います。

 

朝活を始めてから、自分でも英語の聞き取りがメキメキできるようになっていると実感。

特に、苦手だったリスニングに効果を発揮しました。

まとめ:朝活は英語を勉強するのがおすすめ!

・朝活の時間は集中しやすい

 

・朝は他の予定に邪魔されにくいので習慣化しやすい

 

英語の耳・脳で過ごす時間が増える

 

・朝活ではシャドーイングとリスニングが効果的

 

・前日に朝活でやる内容・目標を決めておく

 

・朝活でTOEICのスコアアップ!

英語学習をしているけど集中できない人、朝活で何をやろうか迷っている人は、

朝活で英語の勉強にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

わたしは英語のやり直しという軽い気持ちで始めたのですが、

楽しく続けられて、思った以上にTOIECのスコアが上がりました。

 

もし参考になれば、ぜひ朝活に取り入れてみてくださいね!

 

★英検準1級の体験記はこちらで紹介しています★

英検準1級に合格!二次試験(面接)の流れ・答え方と実際の採点結果 英検準1級のライティングで使える定型文!合格点94%の回答例

 

★TOEIC900点超えのためのおすすめ参考書・問題集を紹介★

4か月でTOEIC900点超え!使った参考書・問題集は3つだけ!

 

★朝活でTOIECの勉強をする人には、やっぱり公式問題集がおすすめ★