塾講師のバイトは頭が悪くてもできる?自信がない人でも良い講師になれる

アイキャッチ_塾自信がない

塾講師のバイトは頭が悪くてもできる?

学歴に自信がないんだけど・・・

 

もともと勉強に自信がなかった人でも、

教え方によって良い講師になることはできます。

 

ただ、収入を目的として始める場合は

予習などに時間がかかるので結果的に時給は安くなります。

 

塾講師のバイトに求められる学力は、

一部の塾(大学受験専門、トップ校の進学専門塾)を除いてそんなに高くありません。

 

大学に入学できて講師のアルバイトを選択肢として検討するくらいなら、

塾講師のアルバイトはこなせると思います。

 

「勉強が苦手だ、頭が良くないかも」という点を活かして、

苦手を克服する方法を伝えられればとても良い講師になれるでしょう。

 

この記事では

塾講師のバイトをない人でもできる理由と

塾講師が向いていない場合を紹介します。

 

頭がいい人学歴が高い人がいい講師とは限らない

良い講師とは、

生徒の成績を上げたり志望校の合格まで導ける講師だと思います。

 

そのためには生徒のわからない気持ちを理解し、

わかるように説明してあげることが必要です。

 

もともと勉強で困ったことがない人や分からないと思ったことがない人は、

なかなか生徒の気持ちや躓いているところを把握できず、

指導ができないことが多いです。

 

むしろ色々と試行錯誤して勉強してきた努力型の人は、

生徒のわからない気持ちや煮詰まっている感覚が分かるので、

生徒から信頼を得ることができる場合もあります。

 

生徒と常に向き合い、

どうすればわかるようになるかを一緒に考えてあげる姿勢があれば、

元々の学力や頭の良さというのはあまり関係ありません。

スポンサードリンク
 





 

塾講師が向いていない人の場合

もし高い時給を目当てで塾講師をする場合は、

予習などに時間がかかって逆に苦労することになるでしょう。

 

予習などの時間には時給が支払われなかったり、

通常より安い時給を設定しているところが多いです。

 

払ってくれる方が稀です。

私がアルバイトしていた学習塾では授業中の時間しか時給が発生しませんでした。

 

予習にいつも30分かかっていれば、見かけの時給よりもだいぶ低くなり、

飲食店などでアルバイトした方が時給が高いということもありえます。

 

実際に塾でバイトをしていた時に予習が辛くて辞めていった大学生もたくさんいました。

 

学力や頭の良さに自信がなくても採用面接の時の採用試験が解けるらいだったら、

塾講師は十分にできます。

 

ただ予習に時間がかかる分、時給は低くなるので、

収入目的で始めるなら別のバイトの方が向いているかもしれません。

 

 

塾講師は生徒の成長を身近で実感できる素晴らしい仕事。

 

もし金銭収入以外に充実感を味わいたい場合は

ぜひおすすめのアルバイトです。