塾講師で上手く教えられないときのコツと対策!塾講師バイトの体験談

塾講師のバイトを始めたけど上手く教えらていない気がする・・・

 

授業の内容は理解しているのに、

生徒に理解してもらうのが難しいな・・・

 

生徒に合わせて教え方を工夫するのが大切だよ!

 

自分で勉強するのと、勉強を教えるのは全然違います。

塾講師をして教えることの難しさを感じました。

 

この記事では、

塾講師のバイトで上手く教えられないときの対処法を紹介します。

 

わたしは4年間、小学生~高校生まで個別指導塾で指導していました。

 

始めたときに知りたかったことをまとめたので、

これから塾講師を始める人・始めたばかりの人は

ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサードリンク
 





話しやすい雰囲気を作る

生徒のレベルを知るには、どこまで理解できたか知る必要があります。

 

問題を解いている様子や導き出した答えを見れば、

どこでつまづいたのか大まかには想像できます。

 

でも、頭の中で考えたことは会話から引き出さないと

正確に理解はできません。

 

はじめましての年上の先生に、

すぐ疑問をぶつけられる子は少ないです。

 

先生も生徒も初対面では少し緊張しています。

 

まずは話しやすい雰囲気を作りましょう。

 

・この先生は何を聞いても大丈夫

・わからないと言っても怒られない

・聞いたらちゃんと答えてくれる

という思ってもらえれば成功です。

 

つまり、笑顔で明るく、否定せず、話をよく聞いて、

まず生徒との信頼関係を作りましょう。

 

相手の分からないところを知る

信頼関係ができたら、生徒とのやり取りから分からないところを探ります。

 

「全部わからない~」という子もいますが、

全部わからないという子も、

実際にはどこかつまづいているところがあるはず。

 

どこが分からないか分からない状態で指導をしても、

生徒の頭に入っていきません。

【いろいろな「分からない」(英語の例)】

 

・英語が苦手で問題を解く気にならない

・単語がわからない

・文法がわからない

・文法はわかるけど使えない

・穴埋めならできるけど、英作文や並び替えができない

・教科書に出てきた文しかわからない

・問題の答え方がわからない

いろいろなわからないのレベルがあります。

どこでわからないのか見極めるのが大切です。

スポンサードリンク
 





 

相手のレベルに合わせる

分からないところが分かったら、相手のレベルに合わせて教えましょう。

 

相手のレベルに合わせるとは、

相手が使う言葉で相手に分かる説明をするということです。

 

文法に拒否反応がある子に、

SVOCなんて使ったらそこでシャットアウトです。

 

30点を70点にしたい子と、

80点を100点にしたい子では教えるポイントが違います。

 

今30点の子なら、

80点から100点に仕上げるための知識はまず省きましょう。

 

教える内容を省くことには抵抗がある人もいますが、

勉強が苦手な子の成績を上げるには有効でした。

 

授業に生徒の好きなものを取り入れる

生徒にとって、いつも勉強に一生懸命取り組むのは難しいものです。

やる気を出させるのも塾講師の立派な仕事。

 

少しでも楽しく、興味をもって勉強できるように、

生徒の好きなものを取り入れましょう。

 

一番簡単なのは、例文や例題に取り入れることです。

 

ある女の子はジャニーズアイドルが大好きでした。

 

比較級の学習のときに、

○○くんと△△くんはどっちが背が高いの?

○○くんと△△くんはどっちが年上なの?

と聞いて、例文を作ってあげました。

 

すると、

じゃあ○○くんと△△くんだったら・・・

と自分でスラスラ英文を作って文法をすぐ覚えてしまいました。

 

サッカーが好きな男の子には、

算数で角度を学習したときシュートの角度に例えてみました。

 

「この角度のシュート来たらエグいな~」と楽しそうに分度器を使っていました。

 

勉強にやる気が出ない子は、

身近なもの・好きなものを取り入れてあげると興味を持ってくれます。

 

特に小学生、中学生に効果的!
スポンサードリンク
 





 

教え方のバリエーションを持つ

特定の教え方にこだわりを持っている講師もいますが、

最適な教え方は生徒によって変わるものです。

 

【いろいろな教え方の例】

 

・じっくり順序立てて説明する

・たとえ話を盛り込んでざっくり説明する

・最初は手取り足取り一緒に解く

・解き方を説明しながら実演する

・具体的な例から説明する

・公式や理論から説明する

自分が最適だと思った教え方をしても、

生徒がわからなければどんどん違う教え方を試しましょう。

 

生徒に合っていてこそ最適な教え方です!

まとめ:上手く教えられないときのポイント5つ

1.まずは話しやすい雰囲気を作る

 

2.相手のわからないところを知る

 

3.相手のレベルに合わせて説明する

 

4.生徒の好きなものを取り入れて興味を引く

 

5.教え方のバリエーションを持つ

 

誰でも最初はうまくいかないものですが、

できるだけ早く上手く教えられるようになりたいですよね。

 

バイト講師同士で切磋琢磨する塾もあれば、

個人主義でノウハウの共有がない塾もあります。

 

もしコツを掴んで上手く教えられるようになったら、

今度は新人講師の人に教えてあげてくださいね♪