中学受験は親のエゴ?塾で実際に見た子どもが壊れる親のNG行動

中学受験させたいけど、親のエゴなのかな?

 

中学受験は子どもの財産になる経験だと思うけど、

親の行動次第では親子関係がこじれるかもしれない。

 

親のエゴと思える行動をしている人もたくさんいたよ。

 

塾で4年間講師をして、

毎年20人くらいの受験生と接してきました。

 

中学受験が子どもにとって良い経験になっている子もいれば、

少数派ですが、心が壊れる寸前まで追いつめられる子もいます。

 

この記事では、

子どもの心を壊す親のNG行動を実際の体験談とともに紹介します。

 

中学受験させるなら、

子どもにとってプラスの経験にしよう!




嫌がる子どもに強制するのは親のエゴ

まず、中学受験が親のエゴだと感じる子どもは、

自分で中学受験をしたいと思っていません。

 

もっと遊びたい

勉強なんてしたくない

ママ・パパが言うからやっているだけ

 

こんな気持ちの子どもは受験がストレスですし、

希望の中学校にまず合格しません。

 

中学受験を嫌がる子どもに、なぜ中学受験をするのかを説明できていない親は、

親のエゴで受験させていると言えます。

 

子どもが嫌がっても、子どものために受験させたいと思うなら、

まず子どもに受験の必要性を理解させる努力をしましょう。




【体験談】子どもがおかしな行動に・・・

塾講師をしているとき、

小学6年生の女の子が急に教室を飛び出していきました。

 

女子トイレの個室に入って、カギをかけ、

声を掛けてもまったく返事をしません。

 

「〇〇ちゃん、大丈夫?」

「〇〇ちゃん、ちょっと出てきてお話ししよ~」

 

「・・・」

 

泣くわけでもなく、まったく返事をしないので、

だんだんこっちが怖くなりました。

 

結局、19時頃から21時過ぎまで個室にこもり、

お母さんが説得して22時頃に帰宅。

 

模試の成績が悪かったので、

お母さんに週5で塾を入れられてストレスが溜まっていたようです。

 

塾も客商売ですから、

授業を取る親を断れないみたい・・・




 

外で遊ぶのが大好きな小学5年生の男の子。

5年生になったのと同時に週3回ほど塾に通うようになりました。

 

国語で、なりたいものについて書く作文問題を解いているときのこと。

50字程度書く問題なのですが、そこにはたったひと言・・・

 

”自由になりたい”

 

涙が出そうになりました。




子どもを壊す親のNG行動

行動としてSOSを出す子の親は、こんな特徴がありました。

 

特徴1:週6日で塾に通わせる

 

塾が開いている日には毎日通わせ、

授業がなくても自習室で勉強するように指示する親。

 

1日6時間、ひどいときは8時間以上塾にいる子もいました。

 

小学生は長時間やればよいというものではなく、

集中力も限界があります。

 

塾に行かせておけば合格すると思っている親の典型例です。




特徴2:常に横で監視する

 

家で勉強しているとき、

横にぴったり張り付いて教えている親御さんがいます。

 

その子どもは、

塾にくると教えてくれるのを待つ子になっています。

 

次に何を考えたらよいか、指示されないと分からない。

 

試験中は学力だけでなく、

時間配分や問題の取捨選択を自分で決めることも重要です。

 

いつも親に一歩先を教えてもらっている子は、

たいてい分からない問題があるとパニックになります。

 

中学受験には親のサポートが重要なのは間違いないのですが、

精神面、体調管理、勉強の計画が大きいと思います。

 

逐一見ているのは逆効果です。




特徴3:模試の点に一喜一憂する

模試の点に一喜一憂するのは子どもであり、

親はどんと構えていないと子どもが不安になります。

 

お母さんが喜ぶから良い点とるなんて切なすぎます。

 

どんな点数でも親は子どもの味方であり、

常に応援していることを伝えましょう。

 

子どもが親の顔色を窺って勉強していたら、

その受験は親のエゴです。




特徴4:親の精神が不安定

中学受験は子どもにとって大なり小なりストレスがかかります。

 

もちろんそのストレスが成長に繋がることも多いのですが、

子どもが時々不安定になったり疲れたりするのは当然です。

 

親も一緒にイライラしたり不安定になっていては、

子どもは安心して心のうちをさらけ出せません。

 

子どもを安心させられる親でいましょう。




子どもがやる気なら中学受験は良い経験になる

中学受験が親のエゴかどうかは、子どもと親次第です。

 

子どもが前向きに取り組んでいれば、

中学受験は良い経験になります。

 

自分でやりたいスポーツがある、

かわいい制服が来たい、

塾の友だちに負けたくないなど、

 

理由はなんでも良いのです。

 

中学受験のきっかけは親だとしても、

子どもが自分でやりたいと思っていることが大切。

 

主体性のある子どもは、

受験の準備が遅くても短期間で集中して結果を出します。

 

ぜひ、中学受験が子どもの貴重な経験となるように、

子どもの様子をよく見てサポートしましょう。

>>体験授業の一括申込はこちら