在宅勤務が羨ましい?ずるい?不公平?そう感じる理由とそうでもない理由

在宅勤務できない職業の人からすると、

「在宅勤務は羨ましい!ずるい!」と感じることがあるそうです。

 

確かに在宅勤務は労働場所が自由になるメリットはありますが、

責任や役割が課せられていれば、在宅勤務なりの苦労があります。

 

家事が増えたり、在宅勤務で不安になったり・・・

一概に羨ましい・ずるいとは言えません。

 

この記事では、

在宅勤務が羨ましい・ずるいと感じる理由とそうでもない理由を紹介します。

 

わたしは在宅勤務歴6か月です。

全社的に在宅勤務を推奨しています。

 

在宅勤務が羨ましい・ずるいと感じる理由

在宅勤務が羨ましい・ずるいと感じる理由には、

次のようなものがあります。

 

通勤時間がかからない

特に通勤時間が長かった人や満員電車に乗っていた人は、

朝や夕方の時間を有効活用できてうれしいかもしれません。

 

わたしも保育園に送るときの時間的余裕が増えて、

とても嬉しいです!

 

服装や見た目に気を遣う必要がない

オンライン会議では上半身しか映らず、

カメラをOFFにしていれば見た目は自由です。

 

お化粧に時間がかかっていた女性は

朝の時間を有効活用できますね。

 

時間だけでなく、経済的にも助かります。

在宅勤務が始まると、化粧品の減りも遅いのではないでしょうか。

 

コロナの影響で口紅の売上は急落したそうです。

 

休憩時間を自由に過ごせる

出社時は休憩時間といえども、完全な自由ではなかったですよね。

 

在宅勤務ならお昼寝をしたり家事をしたりと自由です。

 

家事をし過ぎて、休憩になっていないこともしばしば・・・

 

お昼休みにスーパーで買い忘れたものを買ったりできます。

 

上司や同僚に話しかけられない

職場にいると上司や同僚に話しかけられますが、

オンラインのチャットでは少しハードルが上がります。

 

雑談に応じなくて良いのは時間の有効活用になりますね。

スポンサードリンク
 





 

家事がある在宅勤務は楽ではない

確かに羨ましい要素がある在宅勤務ですが、

家事がある在宅勤務は楽ではありません。

 

共働きのときはお互いで家事を分担していたのに、

在宅勤務になった途端、在宅勤務するほうに全て家事を任せる家庭が多いようです。

 

確かに自由な時間が増えたとはいえ、

当然のようにすべて家事をやるのは違う気がします。

 

共働きで在宅勤務していると、

昼食を旦那さんの分も用意することになり、家事が増えたという声も・・・

 

在宅勤務で不安になる人もいる

在宅勤務で精神状態が不安定になったり、

「このままで大丈夫なのだろうか?」と不安になる人もいます。

 

特に新入社員や若手社員は研修やOJTで仕事を覚える時期なのに、

オンラインでのコミュニケーションが円滑にいかないと不安を感じるようです。

 

責任や役割のある在宅勤務は楽ではない

在宅勤務といっても、

出社時と変わらず責任や役割のある人は楽ではありません。

 

むしろ、在宅でも出社時と変わらないパフォーマンスを出すために

苦労する人が多いです。

 

パフォーマンスを落とさないために、

オンラインでのコミュニケーションスキルを工夫したり、

自宅で集中できる環境を作らなければなりません。

 

労働時間ではなく成果で評価される人は、

在宅勤務になったらなったなりの苦労があるようです。

 

責任や役割がないほうがいい?

それでは責任や役割はないほうが気楽でいいのでしょうか?

 

それは間違いで、

労働時間で評価される社員は一番リストラされる層です。

 

在宅勤務が気楽でいい♪なんて言っている間に、

リストラ候補に挙がらないように気をつけましょう。

スポンサードリンク
 





 

在宅勤務の会社員はこれから監視される

最近は、在宅勤務中の社員を監視するような製品が増えています。

 

パソコンの前にいるかどうかをセンサーで感知したり、

画面の遷移を記録したりできるのだとか・・・

 

在宅勤務が羨ましい・ずるいと言われる日は終わりそうですね。

 

 

在宅勤務が羨ましい・ずるいと言われる理由は確かにあります。

 

ただ、全員が在宅勤務を望んでいるわけではなく、

出社したほうが楽・集中できるという人もいます。

 

これからは在宅勤務中の会社員を監視するような会社も出てくるので、

在宅勤務が手放しで歓迎されたような日は終わりそうです。