特Pのメリット・デメリット!駐車場を貸し出す前に知っておきたいトラブルや口コミ

空きスペースを有効活用したいけど初期費用はかけたくない。

駐車場シェアサービスの特Pはどうかな?

 

わが家も特Pで駐車場1台分を貸し出しています。

 

バイク1台分から貸し出せて初期費用・月々の費用もゼロ!

気軽に副収入を得たい人におすすめです。

 

わが家は最初タイムズのカーシェアを自宅に設置していましたが、

月5000円の固定収入+1年で撤退されるという結果に・・・

関連記事:カーシェアを自宅に設置すると収入はいくら?駐車場にタイムズのカーシェアリング

 

その次に、特Pで駐車場のシェアリングを始めました。

 

使っていない時間だけ貸し出せるので、

カーシェアの設置やコインパーキングより柔軟です。

 

特に、初期費用・月々の費用もかからず、

写真を撮って登録するだけで始められるのが魅力

 

ただ、予約が入るとキャンセルできない等のデメリットもあるので、

特Pで駐車場オーナーを始める前にデメリットをしっかり知っておきましょう!

 

この記事では特Pで駐車場オーナーになるメリット/デメリット、口コミを紹介します。

 

デメリットを考慮しても、特Pはおすすめの空き地活用法です。

 

空き地を持て余している方や平日だけ貸したい方まで、

状況に合わせて活用できます。

 

\初期費用・月々費用ゼロ!写真を撮って送るだけ/

お出かけ中に空いた駐車場を貸して副収入!「特P」

特P(とくぴー)とは?

2017年に開始した、駐車場のシェアサービスです。

 

空きスペースを駐車場として有効活用したいオーナーと駐車したいユーザーを

Webサイトやスマホアプリでマッチングします。

 

出典:特P

2017年開始と新しいですが、利用者は年々増えている人気のサービスです。

アース・カーというカーシェアの会社が運営しています。

特Pで駐車場オーナーをするメリット

特Pで駐車場オーナーをやって感じた、リアルなメリットを紹介します。

メリットは6つあります。

メリット1:手数料が安い

 

メリット2:好きな時間だけ貸せる

 

メリット3:初期費用や準備がいらない

 

メリット4:無断駐車の防止になる

 

メリット5:トラブル対応は特Pに任せられる

 

メリット6:いつでもやめられる

 

メリット1:手数料が安い

出典:特P

 

特Pの手数料は業界最安の30%。

業界最大手で競合他社のakippaは40~50%です。

特P(手数料30%)で3万円分を貸し出したとすると・・・

 

手数料9,000円、オーナーの取り分は21,000円

 

 

akippa(手数料50%)で3万円分を貸し出したとすると・・・

 

手数料15,000円、オーナーの取り分は15,000円

 

約20%の差は大きいですよね!

 

メリット2:好きな時間だけ貸せる

 

月極駐車場では、1か月単位で長期に貸し出す必要があります。

 

ただ、祖父母や一人暮らしをしている子どもが帰ってくるときなど、

貸し出したくないタイミングもありますよね。

 

特Pでは貸し出せる日時が自分で柔軟に決められます。

 

花火大会やお祭りがある日、スポーツイベントがある日など、

需要が高まるときだけ貸すこともできます。

 

うちは土日に祖父母が来るので、平日のみ貸し出しています。

マイカー通勤で空いている日時を貸すのもいいですね!

 

メリット3:初期費用や準備がいらない

 

特Pは、初期費用も月々の費用も0円。

駐車場を貸し出すまでのステップは会員登録して駐車場を登録するだけ。

 

もちろん、無料です!

 

カーシェアを設置したときは、

看板をつけたり白線を引いたりと準備に時間がかかりました。

 

わが家はコンクリート舗装がされていますが、

更地なら舗装されていなくても大丈夫です。

 

また、バイク1台分のスペースでも貸し出せるので、

駐車場オーナーの要件がカーシェアより緩く、気軽に始められます。

 

メリット4:無断駐車の防止になる

 

いつも空いているスペースだと知られると、無断で駐車する迷惑な人もいます。

 

特にアパートが多い地域では、

アパートに遊びに来た人が一時的に停めてしまう・・・ということも。

 

特Pに登録すると、特Pの駐車場だと示すステッカーがもらえるので、

無断駐車を防止する効果もあります。

 

⇓1番右がA4サイズ、車止めに貼る小さいサイズもあります。

特Pステッカー

 

メリット5:トラブル対応は特Pにおまかせ

 

予約時間を過ぎても車が停まっている、塀にぶつけられてしまったなど、

トラブルがあったときには特P経由で対応してもらえます。

 

破損や事故は保険で補償されるので安心してくださいね!

 

コールセンターの対応が早いので、

「なかなか返事がなくてヤキモキ・・・」ということは一度もありません。

 

365日24時間のサポート体制もうれしいですね。

 

利用者のルール違反については、追加で違約金が支払われる場合もあります。

 

メリット6:いつでもやめられる

カーシェアの設置やコインパーキングと違い、いつでもやめられるのが良いところ。

 

カーシェアを自宅に設置したときは、基本1年契約でした。

 

コインパーキングは舗装や設備設置などで200~300万円の初期費用がかかるので、

ニーズがなくても初期費用を回収するまではやめづらいですよね。

 

特Pは初期費用ゼロ円・登録しても1年縛りなどないので、

気楽にスタートできます。

 

\初期費用・月々費用ゼロ!写真を撮って送るだけ/

お出かけ中に空いた駐車場を貸して副収入!「特P」

特Pの駐車場オーナーになるデメリット

特Pにはデメリットもあります。

駐車場オーナーを始めるなら、デメリットも把握しておきましょう。

デメリット1:キャンセルできない

 

デメリット2:貸出時間は4時間以上

 

デメリット3:収入額は立地に影響される

 

デメリット1:キャンセルできない

 

最大のデメリットは、一度予約が入るとキャンセルできないことです。

 

他社ではペナルティありで予約キャンセルができますが、

特Pではキャンセル不可です。

 

なんらかの事情でユーザーが停められなかった場合、

3000円のペナルティがあります。

 

予約可能な日時は自分で決められるので、

必ず使えるときだけ予約を受け付けましょう。

 

遠方に住んでいる家族がいる場合は、

早めに駐車場を使う予定を教えてもらうといいですね。

 

予約が入っていなければ自由にキャンセルできますよ!

 

自家用車を停めっぱなし等、予約した人が停められなかった場合は、

1回3000円の違約金が発生します。

 

デメリット2:貸出時間は4時間以上

 

貸し出しの最小単位は4時間で1コマです。

つまり、1日最大6コマ区切りで貸し出すことができます。

 

こま切れな空き時間しかない場合は、特Pは向いていないです。

 

競合他社のakippaは15分単位で貸し出せます。

 

こま切れでも利用されやすい繁華街や都心部では、

akippaのほうが向いているかもしれません。

(akippaの手数料は40~50%と高いですけどね・・・)



デメリット3:収入額は立地に影響される

 

収入額に大きく関わる要素は、駐車場料金と利用頻度です。

 

どちらも立地が大きく関わるので、立地と駐車場シェアの相性が悪いと、

思うように副収入が得られないでしょう。

 

駐車場オーナーがする作業が少ない代わりに、

収入を上げるための工夫をする余地はあまりありません。

 

住宅街でも意外とニーズはある

駅前でないとニーズがないというわけではありません。

 

住宅街でも「友人宅に遊びに行ったときに停めたい!」などのニーズがあり、

リピーターも多いそうです。

 

ホームページに収入の実例が多数載っています。

>>空きスペース、空き駐車場が副収入になる「特P」

特Pの駐車場オーナーはこんな人におすすめ!

特Pのメリット/デメリットを踏まえて、特Pがおすすめな人の特徴をまとめました。

 

<特Pがおすすめなのはこんな人!>

 

・使っていないスペースがある(バイク1台分からOK)

 

・めんどくさい契約やトラブル対応はしたくない

 

・マイカー通勤、来客がないときなど、4時間以上の空き時間がある

 

\初期費用・月々費用ゼロ!写真を撮って送るだけ/

お出かけ中に空いた駐車場を貸して副収入!「特P」

特Pの口コミ!トラブルはある?

 

特Pで駐車場オーナーをやっている方の口コミを調べました。

手軽に副収入を得られることに喜んでいるオーナーさんが多いです。

 

トラブルはあっても特Pのサポートが手厚いので、

みなさんおおむね満足しているようですね。

 

特Pの良い口コミ

 

 

自宅前のスペースを貸し出すのは不安もありましたが、

特Pに会員登録している利用者しか使えないので身元確認されているので安心しました。

 

近所のコインパーキングより利用者のマナーが良く、

乱雑な停め方やゴミが散らかっていることもなかったです。

 

空地の土地活用をいろいろ調べていました。

 

舗装や設備の設置などでコインパーキングにすると初期費用が300万円かかると言われ・・・

迷っていたところ特Pを知り、初期費用ゼロで副収入を得られることに驚きました。

 

スマホで写真を送るだけで始められて、更地のまま活用できるのが良かったです。

 

やはり、空いた土地を有効活用できて副収入が入るのがうれしいという口コミが多いです。

 

始めるときは利用者のマナーやトラブル対応に不安を感じる人もいますが、

実際に利用し始めるとあまりの楽さに驚く人が多数。

 

たしかに、一度登録すれば、スケジュールを入力する以外することはありません。

 

特Pの悪い口コミ

急遽、駐車場を使いたいとき、当日キャンセルできなくて困った。

近所のコインパーキングを使うことになり、出費のほうが多くなってしまった。

貸し出し時間が過ぎても車が停めたままだったので、特Pのサポートセンターに連絡しました。

 

特Pから利用者に連絡してもらい、すぐに移動してもらえたのでよかったです。

 

直接利用者とやりとりしてトラブルに巻き込まれたくないし、

サポートセンターには「近所の人から通報があった」と言ってもらうことにしました。

 

予約が入るとキャンセルできない点は要注意ですね。

駐車場を使う可能性が少しでもあるなら、予約不可にしておきましょう。

 

 

最初は料金設定に悩みますね。

近所のコインパーキングを目安に決めている人が多いようです。

 

特Pが周辺の相場から適切な価格を提案してくれるので、

わたしはその価格にしています。

 

イベント時など、ニーズが増える時期だけ価格を高くすることもありますよ。

 

特Pは駐車場利用者からの評判も良い!

「現地で駐車場を探す時間と手間が減って助かる」、

「時間内なら何度でも出し入れできるから、用途によってはコインパーキングよりコスパがいい」など、利用者からの評判も上々です。

 

利用者がどんどん増えれば、駐車場オーナー全体の副収入も上がりそうですね。

 

まとめ:特Pで空きスペースから副収入!

・特Pは駐車場のシェアサービス

 

・特Pは手数料が安くて初期費用・月々の費用がゼロ!

 

・トラブルがあったら特Pがサポートしてくれる

 

・4時間から好きな時間だけ貸し出せる

 

・予約が入ったらキャンセルできないのがデメリット

 

・副収入の金額は立地が大きく影響する

費用ゼロ・舗装などの準備なしで気軽に始められるので、

空きスペースを活用したいけど手間はかけたくない人におすすめのサービス。

 

アパートを建てたり、コインパーキングを設置したりと大規模なことはしたくない、

でも空きスペースはもったいないという人は登録してみてくださいね。



 

\初期費用・月々費用ゼロ!写真を撮って送るだけ/

お出かけ中に空いた駐車場を貸して副収入!「特P」

 

関連記事:

【体験談】特Pの駐車場オーナーに登録してみた具体的な手順!空き地を活用して副収入