池の平ホテルのプリキュアルームに宿泊!料金やおすすめの過ごし方【部屋の写真あり】

池の平ホテルのプリキュアルームに2泊3日で泊まりました。

5歳の娘の誕生日記念です。

 

選んだのは、

1泊2食付き、フリーパス付で大人1名14,500円のプラン。

 

事前に調べた口コミでは、古い・移動が多いと悪い口コミが目立っていて少し不安に…

 

しかし、子どもたちは大喜びでした!

 

この記事では、

プリキュアルームの部屋の様子

子どもとおすすめの過ごし方

をご紹介します。



こんな人におすすめ!
  • プリキュアルームに泊まりたい人
  • ネガティブな口コミを不安に思っている人

 

プリキュアルームの様子【写真あり】

今回泊まったのは通常のプリキュアルームです。
※もう一つ上のランクのドリームルームではありません。

玄関:キュアグレースがお出迎え

玄関の写真
玄関を入るとすぐ、大人の身長くらいあるキュアグレースのパネルがあります。

ベッド:プリキュアのパネルとベッドライナー

ベットはこんな感じです。
子どもたちはベッドでしばらく飛び跳ねていました。
お部屋の写真1

 

ベッド横の壁にはプリキュアの設定資料パネルがあります。
(ひなたちゃんが上着脱いだところを初めて見ました)
部屋の壁の写真

 

ティッシュカバーもプリキュア。

 

小物の写真

ソファ:大きなプリキュアのクッション

ソファには子どもと同じくらいのクッションがありました。

 

ソファの写真

 

このソファはベッドにしてもらえます。

クッションを抱えて寝る姿は幸せそうでした。

水回り:さり気なくプリキュア

トイレ、洗面所にもさりげなくプリキュアがいました。
洗面所の写真

 

トイレットペーパーカバーや、トイレドアの内側にもプリキュアがいます。

テーブル:アメニティグッズ発見!

プリキュアグッズの写真
※写真がぶれてしまいました。

 

部屋に置いてある小さめのテーブルに、

プリキュアのアメニティグッズを発見。

 

塗り絵、落書き帳、シール、マグカップが紙袋に入っています。

 

正直、大人から見れば大したことないものですが、

娘は喜んでいました。

プリキュアルームに対する4歳娘の反応

娘「あそこにも!ここにもプリキュアがいる!」(テンションMAX)

 

連れてきてよかったです。

プリキュアルームに対する大人の反応

  • 水回りが古い
  • 部屋は清潔だがやっぱり古い
  • 簡単に設置できるものが多い(子どもがカバーやパネルをいじってしまう)
と気になる点はありつつも、

子どもが喜んでいるから良し!
スポンサードリンク
 





 

池の平ホテル周辺の観光スポット

ファミリーランド

ファミリーランドのアトラクションは少ないです。

ファミリーランドの名の通り、大人が楽しめるものはほとんどありません。

 

その分、未就学児にはぴったりの乗り物が多く、

子どもはとても楽しんでいました。

 

待ち時間はほぼないので、

子どもが飽きるまで何度も乗って楽しめます。

おすすめはゴーカート!

ゴーカート

ゴーカートは全長1.3kmと長く、身長130cm以上なら一人で運転もできます。

 

一人乗り用と二人乗り用のレーンが並んでいるので、

パパ一人vsママ&子どもでレースを楽しんでいる家族もいました。

 

上の子が大きくなったらレースしたいな~

 

3歳以上なら隣に乗せることができます。

 

アップダウンがある道を自由に運転できるので、これは大人も楽しめました。

2日で8回くらい乗りました。(ほぼ待ち時間なし)

 

残念だったところ…

動物王国はスーパーフリーパスでないと別料金だったのが残念。

 

アトラクションはコースター等が休止していたので、

その分、動物王国に入れてほしかったなと思います。

プリキュアわくわくランド

プリキュアわくわくランドの写真

 

レイクサイドプラザにあるプリキュアわくわくランドでは、

プリキュアの衣装が着られます。

 

フリーパスで入れて、衣装一着無料券も付いていたので、

娘は大喜びで変身していました。(通常は1着目1000円、2着目500円)

 

プリキュアのパネルやエンディングダンスの動画が流れているのみで、

あまり凝ったものはありません。

プリキュアわくわくランドの写真2

ボールプールやトランポリンが設置されており、

小さなプリキュアが何人か遊んでいました。

 

やっぱりキュアグレースが人気!4人くらいグレースがいました

 

デパートの1コーナーくらいの広さなので、1時間は持たないです。

 

出入り口にプリキュアのおもちゃが売っているので、

あまり見せないようにしましたww

影絵美術館

美術館

 

こちらもフリーパスで入れます。

 

カラフルな影絵で子ども向けのモチーフが多いので、

普段美術館は飽きてしまう子どもたちでも最後まで見られました。

 

アンティークオルゴールが置いてあり、10円入れると『星に願いを』が流れます。

きれいな音でした。

 

美術館を出たところで、きのこ汁の無料試食サービスがあります。

寒かったので、とても美味しかったです。

スポンサードリンク
 





 

池の平ホテル内の施設

ボーリング

雨が降っていたので、ボーリングをやりました。

子どもたちには初めてのボーリングです。

 

ガーターなしレーンや子ども用の投球スロープがあり、

ボーリングデビューにはぴったり。

 

5号からボールがあるので、上の子は自分で運んでいました。

 

ホテルなので値段は高め。1ゲーム4人で3600円でした。

きっず×きっず

きっず×きっず

30分の予約制で遊べる室内の施設です。

コロナ対策で、30分間は1組限りの貸し切り。

 

トランポリン等幼児向けの大型遊具があり、

子どもたちは気に入っていました。

 

時間が短いのが難点ですが、その分貸し切りなので伸び伸び遊べました。

(コロナが収束すれば、時間制限はなくなるかも?)

 

子ども1人400円で、大人と3歳未満は料金がかかりません。

小学校低学年までです。

プール

プール

 

プールは水深50cmと100cm前後の2つあり、
どちらも温水でした。

 

スライダーがあり、幼児でも大人と一緒ならすべれます。

プールにいたのは10名前後で、スライダーはがら空きでした。

子どもたちはそれぞれ10回くらいスライダーをして大満足。

 

どこでも空いていて快適!

 

30秒くらいでそんなに怖くないので、小さい子でも楽しめます。

結構年季が入っているスライダーです。

 

料金は大人1500円、子ども1000円でした(3歳未満は無料)

バスタオルは無料で貸してくれます。ビート板もあります。

 

子ども用のライフジャケットを着せているので、

プールもスライダーも安心。

股下ベルトがあるものを選ぶと、小さい子でも水の勢いで脱げません。

 

ちなみにわたしはプールでも海でもこちらを愛用しています。

子ども連れでも気にせず動けて、日焼け防止にもなりますよ。

お風呂

お風呂は着くまでが遠いとの口コミが多かったですが、

さほど感じませんでした。

(本館に泊まったので、別館や東館からは遠い可能性あり)

 

途中に階段があり、お風呂の直前・お風呂の中にも階段があります。

足腰が弱い方は確かに厳しいかもしれません。

 

赤ちゃんを固定できるお風呂イスがあったので、

かなり小さい子でも一緒に入れます。

 

混浴露天風呂

水着で入れる混浴の露天風呂があり、

夜にはプロジェクションマッピングをやっています。

(夕飯のバイキングでお腹いっぱいになり、見ないままでした)

スポンサードリンク
 





 

子どもとおすすめの過ごし方

残念ながら今回は雨が多かったのですが、

晴れたらアクティビティを堪能したいです。

晴れの場合

・ファミリーランド

・パークゴルフ

・アカシアの丘

・プリキュアわくわくランド

⇒フリーパスを使い倒してアクティビティを楽しむ

 

雨の場合

影絵美術館

プリキュアわくわくランド

きっず×きっず

プール

ボーリング

⇒館内施設を中心に楽しむ

 

雨に備えて、

レインコート、子どもの替え靴

は持って行ったほうが良いです。

 

バイキングのメニュー/味は?

バイキング

出典:池の平ホテル公式ホームページ

夕食バイキング

夕飯のバイキングは”夏の高原野菜とリゾートバイキング”でした。

味は美味しかったです。

 

定番のものはひと通り揃っていて、王道のバイキングメニューといったところ。

 

ステーキ、天ぷら、寿司、ナンはライブキッチンです。

カニをたくさん食べれて満足しました。

 

デザートがもう少し華やかだと良かったかな…

 

子どもたちはステーキとおそばが気に入っていました。

子ども用のコーナーや離乳食のコーナーもあり、子どもでも楽しめます。

朝食バイキング

夕食バイキングよりは種類が少ないですが、

わたしはビーフシチューが美味しかったです。

 

フレンチトーストと目玉焼き&ベーコンがライブキッチン。

きのこたっぷりの温かいおそばもありました。

 

子どもたちはフレンチトーストと豆乳コーンスープが気に入ったようです。

ランチョンシート(紙)がもらえる

夕食バイキングのときにはプリキュアのシートがもらえます。

 

下の子は宿泊人数に入っていない(無料)のですが、

サービスで仮面ライダーゼロワンのシートをもらえました。

 

バイキングで寝てしまった!

直前までプールにいたので、

夕食バイキングで子どもたちは寝てしまいました。

 

ブランケットを持ってきてくれたり、

後で食べられるように部屋に料理を持ち帰らせてくれたり…

 

子ども連れに優しい対応でした。

スポンサードリンク
 





 

池の平ホテルに宿泊するときの注意点

がっかりしないために、下記を頭に入れておきましょう。

施設の老朽化・古さ

はっきり言って、建物や設備は古いです。

 

昔にタイムスリップしたかのような、

古き良き大型ホテルといったところ。

 

おしゃれな内装や新しい設備を求めている人は合わないでしょう。

大人が楽しめるものが少ない

冬はスキーがありますが、

それ以外の季節は大人が楽しめるものが少ないです。

(ゴルフや散策くらい?)

 

子ども連れのファミリー層を意識した施設やサービスが多いので、

大人だけの旅行だと満足度が低くなるかもしれません。

ハイシーズンは高い

ホテルはどこでも当てはまりますが、

時期や曜日によって宿泊費は変わります。

ホームページによると、

通常のプリキュアルームは12000~27000円(税別)

 

今回の14500円は安い時期なので、ハイシーズンは割高です。

池の平ホテルの料金は?

合計は88,000円でした。(大人1泊14,500円)

 

・2泊3日プリキュアルーム

・大人2人、小人1人、3歳未満1人(無料)

 

それ以外にかかったのは、

ボーリング、きっず×きっず、プール、昼食代です。

 

5000円分のサービス券をもらったので、

実際の出費は3000円ほどでした。

 

5000円のサービス券とは?

2泊目のプリキュアグッズをもらわない代わりに4000円分、

2泊目に清掃が入らない代わりに1000円分の券をいただきました。

 

周辺施設で使える100円つづりの券です。

ボーリングとプールで使用しました。

子どものための旅行におすすめ!

子ども(未就学児)のための旅行ならば、おすすめの旅行先です。

 

子どもが喜んで、それを見て親も喜ぶ。。。

という目的ならぴったり。

 

娘「また次の旅行もここが良い!」

 

娘にそう言わしめた池の平ホテル。

子どもの心をしっかりつかんでいました。