平塚の子育て環境が気になる?子育て世代の住みやすさと子育て支援は?

平塚市は子育てしやすい街なの?

治安が悪いイメージがあるけど…

 

自然環境や都心へのアクセスは良いし、

子育て支援も充実しているよ!

 

世間のイメージほど治安も悪くない!

 

これから平塚市に住もうと考えている子育て世帯の方へ、

平塚市は子育てしやすい街なのか?をご紹介します。




平塚市は自然が豊か!海も山もある!

平塚市は海が近くて、休日は釣りやサーフィンをする人、

子ども連れで遊びに来る人が多いです。

 

駅から15分ほど歩けば海

海のそばの湘南海岸公園には無料の駐車場があります。

(夏は混雑して停められない可能性あり)

 

山は大磯の湘南平や伊勢原の大山が近く、

子どもでもハイキングできる場所が多いです。

 

湘南平や大山は、小学生の遠足定番スポット!

 

平塚駅からバスで20分の花菜ガーデンでは、

季節の花や植物が展示されていて子ども連れに人気の施設です。

 

いちご狩りも楽しめます♪

 

↓花菜ガーデンについて詳しくはこちら!

花菜ガーデンのアクセスと料金は?子どもと行くときの注意点も!




都心にも観光地にも行きやすい

利用できる路線はJR東海道線です。

都心に近い

JR平塚駅から東京駅まで、平日の通勤時間帯では1時間15分ほど。

湘南新宿ラインを利用すれば、渋谷・新宿にも1本で行けます。

 

新橋まで2年間通勤していましたが、座れなかったことはありません。

 

6時半~8時半は約5分間隔で電車があり、

7時前に平塚に着く電車なら、

車両を選んで先頭に並べば確実に座れます。

 

わたしは西口改札を利用していたので、

1号車(上りでは最後尾)~3号車に乗っていました。

(4・5号車はグリーン車)

 

始発もあり、7時すぎの始発なら発車10分前くらいで座れていました。

塚始発は下りホームに止まっているので注意。

 

有料ですが、湘南ライナー・おはようライナーを使えば確実に座れます。

 

帰宅時は満員電車ですが、遅延やトラブルがなければ、

横浜駅で人が減ります。

 

少しの辛抱です。




観光地に近い

観光地に近いので、日帰り旅行先がたくさんあります。

鎌倉:電車で30分

箱根:車で1時間、電車で1時間

熱海:電車で1時間

鎌倉のあじさいや箱根の温泉、熱海の花火大会など、

思い立ったらすぐに楽しめます。




平塚市は物価が安い!

都心から1時間ですが、スーパーの食料品や日用品が安いです。

東京に住んでいる母が遊びに来ると、その安さに驚いています。

 

八百屋さんで小さめレタスが5個100円!でした。

国産鶏もも肉はロピアで100g59円…

 

子どもがぱくぱく食べても大丈夫!

 

間違いなく都心より物価が安いので、生活費が安く済みます。

 

↓平塚の大型スーパーについてはこちら!

平塚の大型スーパー徹底比較!駅近でおすすめのスーパーはどこ?




たくさんのスポーツに触れられる

多くのスポーツでプロの試合を観戦できます。

 

サッカー:湘南ベルマーレ

 

野球  :横浜DeNAベイスターズのイースタン

(年に1度、1軍の試合もある)

 

バスケ :横浜ビー・コルセアーズ

平塚市に住んでいる小学生は、

ドリームパスポートを利用すると対象試合の入場料が無料になります。

 

対象試合は各スポーツ年10試合程度です。

(同伴の大人は入場料がかかります)

 

すごく素敵な取り組みですよね!

子どもたちが小学生になったらできるだけ連れていきたいです!

 

また、湘南ベルマーレひらつかビーチパークでは、

ビーチバレーの大会もあります。

 

↓湘南ベルマーレひらつかビーチパークについてはこちら!

湘南ベルマーレひらつかビーチパークのアクセスと利用方法!




子どもの遊び場もたくさんある!

平塚総合公園は大型遊具や動物園があって、とても人気の公園です。

休日にはテントを張って、1日遊んでいる家族連れをたくさん見かけます。

 

↓平塚の公園ランキングはこちら!

無料で遊べる!平塚の大きい公園おすすめランキング!

 

市内4か所ある子どもの家では、室内でもアスレチックが楽しめます。

 

↓子どもの家についてはこちら!

平塚こどもの家は無料で遊べるアスレチック!雨でも安心!

 

ららぽーと湘南平塚にはチームラボの室内遊園地、

オリンピックには湘南あそびマーレがあります。

 

特に、湘南あそびマーレは1日中遊べておすすめです!

湘南あそびマーレの楽しみ方!料金は?何歳から楽しめる?持ち物&服装は?




医療費補助は中学3年生まで

子どもの医療費は中学3年生まで補助されます。

所得制限はありません。

 

うちは斜視やアレルギーがあるので、医療費補助はとても助かる!




平塚市で子育てするデメリット

子育て環境の懸念点もあります。

待機児童問題はある

平塚駅周辺の保育園では待機児童が発生します。

 

駅から離れた保育園なら希望する児童はほぼ入れませすが、

駅周辺は激戦区。

 

特に乳児クラスは、

共働き世帯でどちらも正社員でないと厳しいです。

 

都内に比べれば相対的にひどくない…くらいのイメージ




治安が悪いイメージ

平塚市はヤンキーのイメージなのか、

治安が悪そうとよく言われます。

 

実際は繁華街に近づかなければ住みやすいですが、

治安が悪いエリアがあるのは事実です。

 

↓治安が気になる人はこちらも参考にしてください!

平塚は治安が悪い?北口と南口で全然違う!要注意の場所とは?




東海道線しか通ってない

交通網が東海道線しかないので、

東海道線が止まったら迂回路がありません。

 

無理やり迂回するなら、

伊勢原や本厚木にバスで行って小田急線です。

 

1つの路線しか使えないので、

東海道線に何かトラブルがあれば復旧を待つしかありません。




平塚は自然いっぱいの子育て環境が魅力

都心から離れ過ぎず、

海や山と触れ合いながら子育てするには良い環境です。

 

待機児童問題の解消、イメージ改善などの課題はありますが、

のびのび暮らすには住みやすいですよ♪