女性がインフラエンジニアになるメリット/デメリット【むしろお得?】

経産省の統計ではIT人材の男女比は9:1。

 

インフラエンジニアは圧倒的に男性が多いので、

女性が飛び込むには不安ですよね。

 

でも、少数派だからこそのメリットも大いにあります。

 

この記事では、

女性がインフラエンジニアになるメリットとデメリットをまとめました。

 

わたしはIT企業で10年以上インフラエンジニアをしています。

 

たしかに体力的には男性に劣りますが、

女性インフラエンジニアでむしろ得している!と思うことも多いです。

スポンサードリンク
 





 

女性インフラエンジニアになるメリット

女性インフラエンジニアのメリットを紹介します。

 

名前と顔を覚えてもらいやすい、馴染みやすい

 

まず、女性インフラエンジニアは圧倒的な少数派。

だからこそ、お客様や他社のエンジニアにすぐ名前と顔を覚えてもらいやすいです。

 

インフラエンジニアはいろいろな部門の人と関わるので、

円滑にコミュニケーションできるかは仕事の生産性に大きく影響します。

 

特に作業を依頼するときや問い合わせをするとき等、

メールでしかやり取りしたことない人より、

名前と顔が浮かぶ人のほうが好意的に受け止めやすいですよね。

 

他チームと連携して作業を進めることはよくあります。

 

誰に聞けば最短で適切な答えが返ってくるかは、

日頃コミュニケーションを取っているからこそわかります。

 

また、プロジェクトが変わったときに

新しいプロジェクトに溶け込むのも早いです。

 

女性インフラエンジニアがめずらしいので、

「なんでインフラエンジニアになろうと思ったの?」

話しかけられる機会もあります。

 

話しかけられたら、

プロジェクトに馴染むチャンス!

 

お客様の部長クラスの人と軽く雑談していたら、

上司の人に「すごいね」と褒められたこともありました。

 

プライベートまで仲良くなる必要はありませんが、

話しかけやすい、友好的な雰囲気作りは大切です。

 

この点は、女性のほうが得意ではないでしょうか。

 

女性を登用したい企業では昇進しやすい

 

最近は多様性や女性の活躍推進を掲げる企業が多いです。

 

わたしの会社でも、

女性エンジニアのロールモデル(目標となる人物)を育成しようという取り組みがあります。

 

採用担当に聞いた話では、

女性の管理職や役員の話をすると女子就活生からの反応がとても良いそうです。

 

女性を積極的に登用しようと考えている企業では、

もともとの女性エンジニアの母数が少ないので出世のチャンスは大きいといえます。

 

周りには女性のリーダーが増えてきました。

ただ、独身女性やお子さんが大きくなった女性がほとんど。

 

小さい子どもを育児中だと責任者が務まりにくいので

現実的な課題はあります。

 

一度スキルを身に付ければ仕事が見つけやすい

 

インフラエンジニアは継続的なスキルアップが必要ですが、

技術の流行り廃りのスピードはアプリケーション開発ほど早くありません。

 

OS周りの基礎知識やハードウェアに近い領域は基本的にあまり変わらないので、

数年離れていても実務経験があれば復職しやすいです。

 

アプリケーションほど業務知識に依存しないので、

配属先プロジェクトに選択の余地があります。

 

金融機関のインフラも製造業のインフラも

ベースの知識はあまり変わりませんが、

金融機関と製造業の業務アプリケーションは全然違います。

 

出産や育児で現場を離れていたとしても、

スキルが廃れにくいのがメリットです。

スポンサードリンク
 





 

女性インフラエンジニアになるデメリット

どんな仕事でもメリットがあればデメリットもあります。

就職・転職する前にデメリットを知っておきましょう。

繁忙期、障害対応で残業がある

繁忙期や障害対応では突発的な残業が起きます。

仕事と育児を両立したい女性にはデメリットです。

 

何月が忙しいという決まった時季はなく、

プロジェクトによって納期が近づくにつれて忙しくなります。

 

障害対応はいつ起きるか予測できないので、

帰宅しようと思ったときにオペレーターから障害連絡が来たらガックリ・・・

 

どうしても外せない用事だから帰る!ということもできますが、

上司やお客様の印象は確実に悪くなります。

 

残業をするのが美学という文化はないです。

ただ、障害が起きているのに帰宅するのは責任感がないと思われてしまいます。

 

プライベート重視の新入社員が、

しれっと定時で帰って怒られているところに遭遇。

 

残業はできるだけなくしたいですが、

障害のときに帰るのはインフラエンジニアとしてはナシ、かな・・・

 

また、男性と比べて体力差があるのも痛感します。

 

障害対応で残業が長引くときや、冷房がきついマシンルームでの作業が多いと、

疲れや体調の悪さを感じることも。

 

体力には個人差があるので性別だけでは決められませんが、

平均的には女性のほうが体力がないのは事実です。

 

夜勤や休日出勤がある現場もある

 

インフラエンジニアが担当するのはITインフラなので、

影響範囲が大きい変更作業はサービス停止中に実施します。

 

アプリケーションの変更なら影響範囲が特定のアプリケーションに限られますが、

インフラの変更はインフラ上で稼働しているアプリケーションすべてに影響があります。

 

サービス稼働中に変更作業をすると、いろいろな問題のリスクがあるのです。

・システムに負荷がかかってダウンする

・表示速度が遅くなる

・画面が固まる

・そもそもシステム停止ができない  など

サービス停止中に変更作業をするとなると、

夜勤や休日作業が発生します。

 

プロジェクトによって頻度はまちまちです。

 

わたしは今までに夜勤2回、

休日作業は汎用機系インフラエンジニアで毎月1回はありました。

 

新しいITインフラを作る構築案件なら、

比較的夜勤や休日作業が少ないです。

 

まだ利用されていないので、

自由にシステムを変更したり止めたりできます。

 

その代わり、新しいITインフラを使用するサービスの納期が差し迫っていると、

残業は発生するかもしれません。

 

女性の仕事仲間ができにくい

 

女性インフラエンジニアが少ないので、仕事仲間は男性ばかりになります。

 

女性の仕事仲間が少ないと、

結婚・出産時の手続きやキャリアプランの相談がしにくいかもしれません。

 

男性が苦手な人にはかなりデメリットです。

ただ、女性が少ないからといって働きにくいとは限りません。

 

むしろ、女性が多い職場特有の気遣いが要らないので、

個人的にはメリットに感じるくらいです。

 

女性だからといって嫌がらせや差別されたりすることはなく、

むしろ「男性ばかりの中でよくがんばっている」と肯定的に受け止められます。

 

女性のロールモデルが社内にいない場合は、

外部のコミュニティや研修に参加して繋がりを持つのも1つの手です。

 

わたしはお客様先の女性リーダーを心の中でロールモデルにしていました。

 

どうやって育児と両立しているか、仕事に対する考え方などを聞いて、

とても勉強になったのを覚えています。

スポンサードリンク
 





 

おまけ:バレンタインの線引きが大変

最後に、年に1度だけあるささやかなデメリットを紹介します。

それは、バレンタインの義理チョコをどこまで渡すか困ることです。

 

プロジェクト全体に渡すと100個以上必要で、

どこまで渡せばよいか迷います。

 

10年の経験で身に付けた最適解はこちら!

自分と同じ会社の人+自分の会社が雇っている人に個別に渡す。

 

・プロジェクト全体には個別包装の大入りお菓子を置いておく。

(”いつもお世話になっております。自由にお召し上がりください。”と貼る)

 

もし困っていたら参考にしてくださいね♪

 

まとめ:女性インフラエンジニアのメリット/デメリット

【女性インフラエンジニアのメリット】

 

・名前と顔を覚えてもらいやすい、馴染みやすい

 

・女性を登用したい企業では昇進しやすい

 

・一度スキルを身に付ければ仕事が見つけやすい

 

 

【女性インフラエンジニアのデメリット】

 

・繁忙期、障害対応で残業がある

 

・夜勤や休日出勤がある現場もある

 

・女性の仕事仲間ができにくい

どんな仕事にもメリット/デメリットはあります。

 

自分の価値観に照らし合わせて、

インフラエンジニアが合っているかどうか検討してみてくださいね。

 

もし転職を考えるなら、IT業界専門の転職エージェントを利用するのがおすすめです。

 

個別の企業のことは外からは分からないので、

業界に詳しいエージェントのサポートを受けたほうが転職ミスマッチが発生しません。

 

残業の多い・少ないも会社によってさまざまあります。

自分の希望に合っているかはしっかり確認しましょう。

 

 

★未経験からITエンジニアを目指す人におすすめの転職エージェント★

 

\まずはこの2つから選ぼう!/

おすすめの転職エージェント!

おすすめエージェント こんな人におすすめ! 公式サイト
マイナビエージェント ・転職が初めて

・求人数にこだわりたい

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>
レバテックキャリア ・キャリアプランから相談したい

・担当者の質にこだわりたい

大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

 

転職エージェントの選び方について、詳しい記事はこちら!

【未経験OK】女性インフラエンジニアが選ぶおすすめの転職エージェント!

 

★未経験からインフラエンジニアを目指す人におすすめのスクール★

 

おすすめのスクール3選!

おすすめスクール こんな人におすすめ! 公式サイト
リナックスアカデミー ・サーバー、ネットワークに興味がある

・実務に近いカリキュラムを受けたい

・実績を重視したい

公式サイト
GEEK JOB ・Web系のインフラに興味がある

・就業中で自由な時間に学習したい

・20代で社会人経験がある

公式サイト

ネットビジョン

アカデミー

・ネットワーク技術に興味がある

・即戦力になってすぐ就職したい

・31歳以下の人

公式サイト

 

インフラエンジニア向けスクールの選び方について、詳しい記事はこちら!

未経験者がインフラエンジニアになるためのおすすめスクール3選!【女性でもOK】