子連れ旅行の荷物を少なくするコツ!子ども2人でもリュックで済ます

アイキャッチ_旅行の荷物

小さい子どもと泊りがけの旅行に行くときは、

あれもこれもと荷物が多くなりがちです。

 

3歳、1歳の子どもたちとはじめて旅行に行ったときは

結果的に無駄なもので荷物が多くなり大変でした。

 

これからお子さんと旅行に行く方のために、

子どもとの旅行で荷物を少なくするコツ、

持っていくと良かったものを紹介します。

 

兄弟で共用できる洋服を持って行く

着替えは日数分プラス2セットくらいあると安心です。

 

もしアスレチックのような汚れそうな場所に行くときは

もう少しあっても良いかと思います。

 

歳の近い兄弟がいるときは、どちらでも着られるものがあれば便利。

 

うちは上の子が女の子、下の子が男の子ですが、

どちらも90サイズが着られます。

 

無地やボーダーなど控えめな柄や色を選べば、

どれを組み合わせてもたいてい大丈夫です。

 

着替え用はシンプルな万能選手を持っていけば、

男女どちらでも着られます。

 

せっかくの旅行なので、

メインで着るものは自由に選び、

予備の着替えはシンプルなデザインにするのがおすすめです。

 

ビニール袋はたくさんあると便利!

ビニール袋をたくさん持っていったら、思ったより使えました。

下の子の使用済みおむつ用にと準備しましたが、用途が豊富です。

 

【ビニール袋の用途例】

 

・汚れたエプロンを入れる

 

・こぼして着替えた服を入れる

 

・大量に使ったウェットティッシュを入れる

(お店に残すには申し訳ない量でした)

ビニール袋はかさばらないので、多めに持っていきましょう。

スポンサードリンク
 





 

かさばらない幼児雑誌で待ち時間対策

旅行には移動が付きものですが、

小さい子どもには電車の待ち時間や移動時間を大人しく待つのは難しいです。

 

少しグズったときに遊べるおもちゃとして、

シールなどがついた幼児雑誌がおすすめ!

 

シールを貼っている間は集中して楽しめますし、

貼り終わってもいろいろなキャラクターのページを眺めて

遊ぶことができます。

 

もし移動時間が長ければシールがたくさんついたシールブック、

4歳・5歳くらいならおけいこブックも良いかもしれません。

 

アンパンマン好きな下の子には「めばえ」

プリキュア好きな上の子には「たのしい幼稚園」を買っていきました。

 

どちらも本屋さんで1000円ほどです。

好きなキャラクターが載っているかどうかで選びました。

 

他にも「いないいないばあ」や「おかあさんといっしょ」の本、

キティちゃんやミッキーの本もあるので、

お子さんの好みに合わせて選ぶことができます。

 

買い忘れたときはコンビニでも売ってます!

 

音のなるおもちゃは要注意!

音のなるおもちゃは乗り物の中ではうるさくなりますし、

部屋でずっと遊んでいるとおもちゃの音が耳障りに感じます。

 

はじめての旅行のとき、

子どもにピストルのおもちゃを買ってしまいました。

 

部屋でずっとそのおもちゃをバンバンやっていて

その音で全然リラックスできません。

 

子どもたちはすごく喜んで楽しそうだったのですが、

旅行先で静かに過ごしたい時には音のなるおもちゃを避けましょう。

 

用意されているアメニティをチェック!

無駄な荷物を減らすためには、

ホテルに用意されているアメニティを把握しておきます。

 

タオル類、歯ブラシなどが用意されていれば

持っていかなくて済みますよね。

 

シャンプー・コンディショナーは

子ども用に持って行ったほうが安心です。

 

肌が弱いと肌荒れします。

 

子ども用の浴衣があれば着せてあげると喜びますし、

パジャマも不要。

 

子どものアメニティはホテルや旅館によって充実度が違います。

 

コンビニで買えるものは持って行かない

子どもとの旅行は、いろいろなケースを想定して荷物が多くなりがちです。

 

辺鄙なところに行くのでなければ、

非常時は思い切ってその場で購入すると割り切ることで荷物は絞れます。

 

例えば、子どもにあげる小分けのお菓子など・・・

 

子どもは眠たくなって抱っこしなければならなかったり、

急に走り出したりするので、身軽であることが一番です。

 

旅行中に持ち歩くということも考え、

できるだけ荷物は必要なものに限定しましょう。

スポンサードリンク
 





 

子ども連れ旅行の荷物はどのくらい?

1泊2日で4人分の荷物となると、

大きめのリュック2つ分くらいになります。

 

ホテルまで使わない荷物のリュックとすぐ使うもののリュックを

分けておくと便利です。

 

ホテルまで使わないもの:

翌日の服、シャンプーやコンディショナー、タオルなど

 

すぐ使うもの:

ウェットティッシュ、おむつ、食事用エプロン、ビニール袋など

特にウェットティッシュの出番が多めなので、

いつも前ポケットに入れています。

 

手提げタイプのカバンよりもリュックのほうが手が空き、

抱っこもしやすいです。

 

荷物がロッカーに預けられるか確認!

荷物を持ちながら子どもと遊ぶのはひと苦労です。

 

アミューズメント施設や美術館などは入り口にロッカーがあることが多いので、

ホームページでロッカーの有無を事前に確認しておきましょう。

 

すぐ使わないものは預けて身軽な状態になれば、

子どもと思いきり遊べます。

 

荷物は身軽にして、ステキな旅行を楽しんできてくださいね♪